FC2ブログ

--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011-10-12(Wed)

つらつら考えること。

菱マンガン鉱

Wuzhou Prefeuture,Guangxi Zhuang,Autonomous Region,China

菱マンガン鉱の結晶です。大きさは2.5×1.5くらい。右側は結晶面かな。つるつるしてる。見ての通り、綺麗な朱色です。若干青みを帯びている様な微妙な朱。大好き。
何でだろう、この石は胸が苦しくなるくらい好きだーー。タダの石ころなのに、何でこんなにどきどきするかなぁ?私の石集めを知っている極々わずかな人達は「綺麗だね」とは言えど、どきどきはしないんだろうなぁ。
そうであるならば、する人と、しない人の違いって何でしょうね?

私の場合、幼い頃からファンタジーや民話、ミステリーなどありえない世界に憧れていたので、多分、その具現、象徴としての存在かなぁ、という思いはありますが。あくまでも、景色としての鉱物蒐集。
そのせいか、地学的な説明がさっぱり頭に入ってこない…。いや、それとも、もう脳ミソが錆付いてんのかしら~(涙)コレでも幼い頃は考古学博士になりたかったんだよぅ。←語学で断念☆

閑話休題。

菱マンガン鉱の下敷きにしているものはなーんだ。
ははは、「西の善き魔女」でしたー(判るか!!)
先日「模倣犯」を読み、犯人(?)の魂(つーか根性)の暗さにほとほと嫌になり、とうとう放棄しました。上巻3/4ぐらいかな。大概読破するんだけどねぇ…。なんか、殺人って不意の衝動というか、偶然に偶然が重なって有り得てしまうものだ、と思いたいのよ。若しくは、積年の恨みとか。こんな、嗜好としてされるのって、気味が悪いー。
というわけで、反動のように明るく健全な少女が主人公の作品を読んでます…。いや、何だか元気が出るね…。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク

FC2Ad

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。