FC2ブログ

--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011-11-26(Sat)

「インカローズ」(今日は長文)

syounyuu1
Mina Capillitas Andalgala catamarca Argentina

カピジータス鉱山から産出する菱マンガン鉱の鍾乳石です。2㎝ぐらいの小さな標本です。
研磨されている部分がドキッとするぐらい(笑)つるっつる☆このタイプの物は薔薇に見える事から「インカローズ」と呼ばれています。…確かに「菱」ではないよねぇ…

さてここで疑問。
syounyuu2

側面はこんなガサガサ、ザラザラした面なのですが、「この皮(おい!)は何で出来てるんだ!?」と。
どっから見てもバームクーヘンの皮のようですが、一体…。
とりあえず調べてみました。(注意。以下、地学を齧りもしていない素人がネットで調べた事なので間違っている可能性があります。その際はコメントにてご連絡ください。)

まず「鍾乳石」とはどんな石なのでしょう?
よく、鍾乳洞で見かける上から垂れてるあれですね。上から垂れているのを鍾乳石、下から盛り上がっているのを石筍といいます。天井から炭酸カルシウムの飽和した雫が落ちるときに、方解石の成分が水滴の円周上に、リング状になって結晶します。後から垂れてくる雫が前のリングの先端に結晶します。こうしてつらら状に方解石が結晶していくのですが、何らかの原因で鍾乳管(導管、真ん中に空いてる管ですね)が潰れると外周上に沈殿をする、と。

ここまでで、鍾乳石については解りました。んが!問題はインカローズなんです。方解石の鍾乳石の事ではない!(???゚Д゚)ノノ

ここで、方解石と菱マンガン鉱の関係について整理します。化学式を比べてみます。
方解石→CaCo3
菱マンガン鉱→MnCo3

よく似ていますよねー。両方とも炭酸イオンを含んでいます。こういった鉱物を「類質同像」と呼びます。違う元素が全く同じような結合の仕方で結晶したもの、だそうです。良く似ている点があるんですね。(そういえば、結晶が似ています。犬牙状しかり、菱形しかり)
更に言えば、両者は原子配列が同じなので、固体同士が混ざり合いやすく、「固溶体」を形成する、と。

あぁぁ…。また未知の言葉が出てきたぞーーー…
「固溶体」2種類以上の原子やら分子が均一に混じりあったもので、高温下では無秩序に混じりますが、ある温度以下であれば均一に規則正しく並ぶもの…だそうで。

ってことは、方解石混じりの菱マンガン鉱だから鍾乳石になりえたって事ですかー?
中心部の赤い部分こそ菱マンガン鉱が多いけれど、皮は方解石(つまり石灰石か?)って事ですかー?
そういえば、どこかで「菱マンガン鉱はマグネシウムの替わりに不純物としてカルシウム等が紛れ込む場合、色がピンク~茶褐色に退色します」という記事を読みましたね。

なるほどー!v(・∀・*) 何となく理解できた気がする!!

言われてみれば断面画像に白い円周が見れます。ここで一旦成長が止まった→皮部分(カルシウム多)→何らかの原因で再び成長をはじめた(ピンク部分、マグネシウム多)→完全に成長終了(皮。)

たった、2㎝ぐらいの石ですが、どれだけ長い間成長し続けていたんでしょうね…(しみじみ)
スポンサーサイト

2011-11-26(Sat)

青色は続くよ、何処までも

kaban1
インド、プーナ産 カバンサイト

よく見るタイプは球状に結晶したこちら↓

kaban3

密集していない結晶だと紺色がさわやかな青色に変わり、コレはコレでグー(v´∀`)

京都ショーで、大胆に丸い結晶部分だけごろごろ売ってて、びっくりした。
採掘時に外れるのかな…

kaban2

結晶部分の拡大画像。同質異像のペンタゴン石なんてのもあるそうだけど、白い部分が、束沸石なので、まずカバンサイトでしょう(どうやらペンタゴン石は束沸石を伴わないらしい)こういった繊維状の結晶が集まって集まって、ぐーーっと密集して球状になるんですねー。ホント、インドは球状が多いこと。


2011-11-23(Wed)

妖怪……もとい、溶解。

先日の続き。いろいろなサイトを見ていて、うちの溶解アクアマリンとそっくりな石を見つけました。産地はブラジルですが、溶け具合が良く似てる。

しかし、タイトルが「蝕像アクアマリン」。

蝕像…??溶解じゃないの??

とりあえず、疑問を感じたらネットで検索、GO!

以下は鉱物初心者の覚書です(記録しておかないと忘れるしー)

・「鉱物が熱水や酸によって溶かされる」ことを溶解という。
・「鉱物の結晶面が溶解し、それにより現れた様子」を蝕像という。

蝕像アクアマリンも溶解アクアマリンもどちらも正解、ってことになるんですが。

滴り落ちる水の風貌が気に入っているので、我が家のは「蝕像アクアマリン」とします。

2011-11-21(Mon)

この季節には寒々しいか

akua1
パキスタン産アクアマリンです。3㎝×1㎝の結晶。

ご覧の通り、すっと柱面が伸びたものでなく、溶解アクアマリン(多分)
先端に向かって、まさしく水が滴り落ちるかの如く風貌で、ショップで見た途端、一発でKOされました~。
お値段は私にしては清水ダイブでしたが(汗)
ぶわっと広がったタイプより、この六角柱上のほうが好き。
いかにも「水の柱」みたいで。

akua3
相も変わらずIXYで頑張ってみる。
一番上の写真で側面に当たる一番凸凹している部分のアップです。
ものの見事に結晶面に沿って溶けています。

やっぱり、コレは頭からざぶっと何かかぶったんだな、うん。

そういえが、コレは丁度真ん中辺りに、白くなっている箇所があるんですが。
今まで傷だと思っていましたが、透明なのを幸い、よくよく見てみると

akua4

何かはいってるー!!  しかもこっち見てるし!!
。。゚ヽ(●゚´Д`゚●)ノ゚。ウワァァァン!!



いや、もうここだけ窓が開いた様になってるしー

多分母岩か何かだとは思うんですがね…

2011-11-19(Sat)

デジカメーー!!

今日は綺麗な形のスピネルが届いたので、折角だから画像UPする!と頑張ってたんですが~…

挫けました…

6㎜ぐらいの小さい結晶なので、我が家のコンデジでは歯が立たず。
ぶれぶれ、ボケボケなんで、又今度ってことで。

ちなみにうちのカメラは今までの写真でもお分かりの様に、マクロ撮影にあんまり向いてませーん。
随分前(2006年ぐらいか?)に購入した Canon IXYDIZITAL WIRELESS。
ワイヤレス…なのにその機能は1回も使った事がない。わはは。

屋外の風景を写すには十分だと思うんですが(500万画素だけどね)。
マクロ+ズームにすると手振れが酷い。ついでに色の再現性に難有(昼間写せば又違うのだろうが…)

ブログ始めたんで、ちょいとカメラが気になり、本日家電屋にGO!

おおお!凄いコンデジがあるじゃないか!!

えーと。RICOHのCX5だったかな?(うろ覚え)
物凄い接写なのに、ぶれない。色が鮮やか。

…コレがあればド素人のテクニックの無さが、カバー出来るんじゃないか??

もう、頭の中で「いいじゃん、買っちゃえよぅ」という悪魔と「ダメ!壊れても無いのに買い替えなんて!」という天使がバトルしてます(笑)

あーあー、なんか、悪魔 優勢(笑)

年末に次モデルが発売するみたいだしなー…(型落ちで安くなるとか?)

今後、このブログで急に写真がグレードUPした時は、悪魔に負けた時ですばい…☆

2011-11-18(Fri)

拾い物。

kemuri1
ちょっとボケボケ&黄色っぽく写っていますが、2センチ程度のうっすら煙水晶。

実は、タイトル通り、拾った…。

我が家から1時間ほど離れた所に藤尾山公園という、ちび達を遊ばせるに、絶好の公園がありまして。
おかーさん、がんばって3人とも連れて行きましたともさ。
子どもの目的は遊具。
おかーさんの目的は水晶拾い(笑)全く、絶妙なマッチングだね☆

もともとこの公園は吉南鉱山の跡地で、長大なローラー滑り台の脇の小道にほぼ、ズリ!なんてところがあって。私みたいな初心者にはありがたや、ありがたや…な場所ですー。
一生懸命下向いて探してたら、大学生2名がハンマーを持って斜面を降りていってたなぁ。
(確か山口大学には地学部があったはず)
うーん、慣れている人は、やっぱり違う!

更に言うと、公園下の海岸は別名「水晶海岸」。

干潮時によくよく探すと水晶が小石の隙間から、ピカリと顔を覗かせてるし♪

実は、最初、行く道筋がわからず、民家の間のせっまーい道を冷汗流しながら通りましたが、
2回目に、反対側から簡単に行ける事が判明…。いいけどさ。←田んぼ側から公園に行き、駐車場手前で左折(って、誰に説明してるんだか)。


しっかし、まー。
山からごろごろ落ちてきた物だけに、傷が…
この水晶も画面左側が削れてます…むむぅ。

kemuri3

ご覧の通り。

とはいえ、3時間粘って探し出したので愛着大!なのです(はは、実は有給とってまで水晶探しに行ったのだ…)

2011-11-16(Wed)

お久しぶりです

hotaruisi ireko

中国、ヤオガシャン産 蛍石

やれやれ、随分お久しぶりです。最近ぐったりすることが多くてついご無沙汰してしまいました…
そろそろ池袋ショーの話を見かける事が多くなってきましたねー。

…行きたいよう(涙)←が、交通費を考えると二の足を踏む。

さて。写真の蛍石ですが、石を集めだした頃に買った古株(とはいえ鉱物歴2年だし(笑))

大きさは3センチ角程で、結構ずっしりしてます。
色もツボなんですが、石の中の様子がちょっと変わっていて、まさしくその1点で購入したという。
写真の下の部分がくっきりとファントムになっていまして。

hotaruisi ireko2

向きを変えて写して見た。

なんか…ファントムというよりガーデンといったほうがしっくりくる風景。
今度はペンライトを当ててみた。

hotaruisi ireko3

肝心のファントムが今度は左に向きましたが(汗)
ペンライトで青いけれど、これで何かを取り込んで結晶したような様子がわかるかな、と。
なんだかねぇ。入れ子みたいなんですよ、これ。
蛍石というと端正な石が多い中、「妙」な石。
先日のもこもこしたのも中国産だし、中国って、変わった蛍石が産出し易いんですかねぇ…
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク

FC2Ad

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。